AIzaSyAdg1wUIwWc9OKix-lm00rD2lS61Hb9TMo AIzaSyAdg1wUIwWc9OKix-lm00rD2lS61Hb9TMo 木の葉に乗った小人たち[2019/5/26 10時〜11時]

木の葉に乗った小人たち[2019/5/26 10時〜11時]

最終更新: 2019年6月7日

千葉県 K.Mさん 女性 




新幹線から北上線に乗り換え、もうすぐほっとゆだ駅に到着という頃、錦秋湖が見えてきます。今回の旅では錦秋湖をカヌーで遊ぶイベントに参加させていただく予定なので、思わず目を凝らし湖を見つめました。ダムを造るためにせき止めて出来た錦秋湖は静かに緑の中に存在していました。


当日朝9:30頃近所にお住いの牧場主のご家族4人と2艘に分かれて乗船、滑るように湖水を漕ぎ出しました。ゆるりゆるりと弧を描いて湖の中程へ。5月の新緑の中、湖水も樹々の影を映し私の胸の中も緑の空気に染まっていきました。


女船頭瑛子さんの優しく穏やかな口調が心地よく、もう一艘の男船頭然さんのカヌーに乗船したお子さんたちの元気な声が湖面に響き渡ります。


そのうち大きな樹木の足元が水に浸かった水没林が見えてきました。人間の都合にもびくともせず泰然と新緑を茂らせ湖面にそびえる樹木の姿に感銘を受けました。6月になると田に水を注ぐため放流、米作りの水になります。


鉄橋をくぐり抜けたところでもうすぐ電車が通ることを知りしばし待機、一両だての北上線の電車はオモチャのように見えました。列車からは私たちは木の葉に乗った小人たちでしょうか。皆で手を振りました。


遠くには針葉樹と広葉樹の濃淡の緑、水辺の近くにはレンゲツツジが色を添え、ゆったり湖面を滑るカヌーの錦秋湖巡り、緩やかな時間の流れは心豊かなひと時となりました。 湖畔に上りデッキでお茶までご馳走になりました。


楽しかったカヌーの錦秋湖巡りありがとうございました。

0回の閲覧

nebiraki Email: nebiraki0301@gmail.com